medicine capsules laid out on a folder

布団に入っても寝れない

Girl is thinking

寝ようと思って布団に入ったのに、中々眠れない…。
こういった不眠に悩んでいる日本人は5人に1人と言われており、もはや国民病と言っても過言ではない状況です。
なかなか眠れないとは言っても、会社の仲の良い同僚とお酒を飲んで帰った日や、友達と夜遅くまで遊んだ日など、楽しい気分が続いてなかなか眠れないという状態は特に心配することもありません。あくまでも、通常時の話です。通常、眠る時に30分~1時間程度かかってしまう方は不眠症の疑いがあります。
一般的に人が布団に入ると10分~15分で眠れると言われていますので、いつも1時間ほどかかってしまうなら早めに対処した方がいいでしょう。
そもそも眠ることができない原因として考えられるのは、脳と体がしっかりと眠れる状態になっていないことです。
交感神経よりも副交感神経が優位に立ち、睡眠ホルモンであるメラトニンがたっぷりと分泌されていて、なおかつ体温が下げられていると、人は上質な睡眠が取れる状態になります。
これら全てが揃うのはそう難しいことではないのですが、日常生活を送るうえでのストレスや、パソコン・スマートフォンの光による影響、生活リズムが定まっていないといった原因によって、なかなか眠りにつけないということが起こってしまうのです。
そのまま不眠を放っておくと、うつ病などを併発してしまう恐れがあり、仕事や日常生活すらままならない事態へと発展してしまいます。
それを防ぐためにも、睡眠薬のアモバンや、アモバンのジェネリック医薬品であるゾピクロンを使用して快適な眠りを手に入れましょう。