アモバンとゾピクロンとは

Pink drugs

布団に入ってもなかなか寝つけないという方にオススメの睡眠薬、アモバンやゾピクロン。
アモバンは、睡眠薬の中でも歴史のある薬で1989年に発売が開始されました。
不眠症に悩む方への処方や病院で麻薬前投与薬としても多く利用されているので、安心して使うことができるんですよ。
実際に使用する際は、大人の方ならば1錠7.5mg~10mgを寝る前に服用します。
寝る直前に服用すれば、早ければ30分ほどで眠気が出てきて、5時間ほど効果を持続させることができます。
服用量は年齢や症状によっても変わるので、自分の症状に合わせて利用しましょう。
また、十分に睡眠時間が確保されていない時は、服用自体を控えた方が良いでしょう。
初めて使用する方はなるべく少ない量から服用し始め、高齢の方であれば3.75mgから使用するようにして下さいね。
アモバンは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、即効性があり、次の日の朝の眠気やふらつきが起きにくい、深い睡眠が取れる、依存しにくいといった様々なメリットがあります。
ゾピクロンはアモバンのジェネリック医薬品ですので、主成分が同じでほぼ同じ効果が期待できます。
その上、アモバンの3分の1ほどの価格で購入できるので、お財布にも優しいんですよ。
このようにアモバンやゾピクロンには即効性があり、寝つきが悪い方、布団に入ったらすぐに眠れるようになりたいという方には特に効果がある睡眠薬です。
不眠の原因が精神的なストレスによるものであれば、不安や緊張感をほぐしてくれる効果もあるので朝までぐっすりと眠れるようになりますよ。